<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大型カードも入る! 保険証・診察券ケース

こんにちは

年末の手帳カバーオーダーラッシュの合間に
 「保険証と診察券のケースが欲しい」
というオーダーを頂きました

たしかにすべて財布に入れておくのはかさ張りますし
皆さんどのように管理しているのでしょうね
しかも今回は
 『子ども医療費受給者証』
なる少し大きなカードも収納したいとのこと

このカードはカードサイズになる前の健康保険証と
同じサイズです
ひょっとすると各自治体が発行するその他の○○証の類も
このサイズかもしれませんね


さらに
 「今回は3人分をまとめて収納できるようにしたい」
というご要望です


・・・というわけでいきなりですが完成品がこちら
b0307766_14431444.jpg
シンプルな折り畳みのケースです
A6(文庫)サイズの手帳カバーと近いサイズ感ですね


開くとこんな感じです
b0307766_14431582.jpg
各ページに一人分を収納します
これなら家族みんなの分をまとめても探しやすいですね
それぞれのページに名前を刻印したヌメ革ラベルを縫い込みました


手前に横向きに収納できるカードケースを2面
重ねて数枚ずつ入るゆとりを設けています
b0307766_14431741.jpg
その背面には大型のカードケースです
b0307766_14431260.jpg
出し入れのしやすさを考慮して
2辺(写真では左辺と底辺)をカバーするようにしました


1ページめくるともう一人分のケースがあります
b0307766_14431619.jpg

ちなみに今回使用したのは型押しがきれいな<1411ピンク>の皮革です
コーナーもきれいに丸めてコバもキッチリ磨きました
b0307766_14431434.jpg
可愛らしくも高級感のあるケースに仕上がりました

従来使用していたケースと比べると・・・
b0307766_14431365.jpg
多少ボリューム感は出てしまいますが
 「カバンの中で見つけやすい存在感」
ととらえましょう(笑)

当然ですが高級感は比べ物になりませんね


・・・と、ここまで読んでいただいて鋭い方はお気づきかと思いますが
今回のオーダー主は私の奥さんでした(笑)

子供が大きくなると母子手帳ケースを持ち歩く機会はあまりありませんが
例の『子ども医療費受給者証』と診察券をスマートに持ち歩きたい、
との要望で製作しました


こちらの『大型カードも入る! 保険証・診察券ケース』は
オーダーにて製作いたします
お気軽にメール(メールソフトが起動します)にてお問い合わせください





by rcw52 | 2015-01-24 15:16 | オーダー作品紹介

【RCW開発実況】新企画! カメラのハンドグリップ&ストラップ作るよ! (その2)

こんにちは

引き続きカメラのハンドグリップの製作を進めますよ
前回は「作るよー」という宣言で終わりましたが・・・
じつは試作品を一週間使用していました

作ったのはコチラ
b0307766_10500534.jpg
ベルトとサポートの2点セットです
ハンドグリップを初めて製作するにあたり
まずは純正品のハンドストラップE2を参考に見てみました

純正品はカメラの底面にある三脚用ネジ穴と
右肩のベルトループを使用します

ですが今回は底面の部品は使用しません
  ・バッテリーの取り出しに干渉する(カメラの機種による)
  ・置いたときに不安定になる
  ・取り外しが手間(?)
これらを避けたいのと
  ・底面の部品(のみ)が入手困難
という製作上の事情・・・


早速ですが試作したグリップを装着してみましょう
b0307766_11052942.jpg
このように右肩のループにベルトを通して
サポートの部分で長さを調節します

出来るだけ金具がゴツゴツとついているのは避けたいので
バネホックの凸部品をサポート側に付けて
ベルト側の穴(やや小さ目)にクイッと押し込みます
大事なカメラが落下したら大変なので
その点の不安が無いかは実際に使用して検証します


手に持ってみましょう
b0307766_11052892.jpg
このように手前にくるベルトに下から親指を通します
ホールド感は良好
ですが・・・

b0307766_11052929.jpg
うーん・・・

b0307766_11052807.jpg
うーん!!

親指が拘束されるので
操作性が著しく悪くなります


この写真ではホールド感を若干犠牲にして(ベルトを緩めに調整して)
親指が動かせるようにしていますが
それでもかなり操作しにくいです

「右手は人差し指のシャッターボタンしか押さないよ」
というなら話は別ですが、
一眼レフを使用していると
撮影中にちょこちょこと設定をいじる機会があります
親指での操作は必須なんですよね


気を取り直して
ベルトでの固定に親指を使用しない方法を考えます
ベルトはかなり短めに調整しました
また、サポートの位置が動かないようにひと工夫もしてあります
b0307766_13581386.jpg
手を差し込むとこんな感じです
b0307766_13581576.jpg
ホールド感もまずまず良好
少なくとも今までハンドグリップ無しで使用していたのとは
比べ物にならないくらい楽ちんです


どのくらい安定しているかというと
b0307766_13581661.jpg
手を離してもももちろん落ちません
中指・薬指・小指は軽く添えているだけで良く
人差し指・親指は完全にフリーになっています

b0307766_13581410.jpg
b0307766_13581504.jpg
うん、うん
親指周りの操作性は問題ありません

一眼レフは左手はレンズを支えてズームとピント調節
右手はシャッターと各種操作をしなくてはなりません
親指と人差し指に割り当てられるボタンもかなりたくさんあるので
この2本が完全にフリーなのは助かりますね


実際にこの状態で一週間(だいたい毎日)使用していましたが
特に不便はなかったですね

強いてあげれば私の場合は撮影の際に
カメラだけではなく商品や撮影美品を触るので
あまりガッチリとカメラに手を固定してしまうと
抜き差しが不便になるくらいです

基本的な方向性はこのままで良さそうですね

******

次回予告
 サポートの形状・大きさを見直そう

ご期待ください!

by rcw52 | 2015-01-24 14:25 | その他(読み物など)

鋳物なべも革巻きにすれば大丈夫!

こんにちは


まだまだ寒い日が続きますね
こんな季節は煮物が食べたくなります
ポトフや肉じゃが、ロールキャベツ・・・

そんな煮物を美味しく作るのに役立つのが鋳物ホーロー鍋ですね
我が家でも15年くらいル・クルーゼの両手鍋を愛用しています
カレーやシチューを作るのにも使うので年中大活躍です

ですが、鋳物の鍋は分厚い鉄でできているのでかなり重いのが難点
しかも持ち手まで鉄でできているので
ちょっと動かしたいときにも鍋つかみが必要です

そこで・・・
持ち手を『革巻き』してみましょう!
厚手の革は熱を伝えにくいので、耐熱グローブにも使える素材です
これを鍋の持ち手に巻けば素手で鍋が扱えて
料理の効率アップ間違いないですね


さて、今日手掛けるのはコチラ
b0307766_10360236.jpg
かわいい真っ赤の楕円型の両手鍋です
これの持ち手を革巻きにしてみましょう


まず革を準備します
b0307766_10360463.jpg
厚さたっぷりで柔らかい馬ヌメ革を用意しました
サイズは 幅35mm x 長さ80mm です

今回は手縫い(というよりも編み込み)なので、
あらかじめひし目打ちで縫い目を空けておきます
では早速持ち手に革を編み込んできましょう

b0307766_10360692.jpg
ステッチが可愛らしいクロスステッチを採用
糸はこげ茶色のろう引き手縫い糸を使用しました


革をピンと張りながら、糸をギュッギュッっと引っ張って
編み込んでいきます

糸は革の裏面で縦にすれ違って、
手前にクロスが現れるようにしています

b0307766_10360787.jpg
端まで編みあがりました
最後は数ステッチ分重ねるように折り返して
末端は革の中にもぐりこませて出来上がり!
b0307766_10360845.jpg
反対側も同様に革を巻いて・・・
b0307766_10361118.jpg
完成です!!
ステッチがアクセントになってより可愛らしい雰囲気になりましたね

ところで今回加工したのは我が家の鍋ではありません
私の知人が経営する
 森の小さな宿 車山高原ペンション・サリュ!
というペンションでオーナーシェフが使用している鍋です

先週末の連休に遊びに行ったついでに
鍋をお借りして加工してきました
オーナーの絶品料理を楽しませていただいたお礼ってところです
(鍋ごとテーブルに出てくるメニューは無いかもしれませんが・・・)
もし、遊びに行く機会がありましたら、オーナーに見せてもらってください


*****
でも、この革巻きした持ち手の耐久性は?
って思いますよね

我が家ですでに3年ほど使用したのがこちらです
b0307766_10361298.jpg
b0307766_10361371.jpg
同じ革と糸を使用したのが信じられないくらいに
濃いこげ茶に染まっており、カッチカチに硬化しています

油跳ねも水濡れも気にせずガンガン使用していますが
全く問題ありません
ぐつぐつと煮込んだ鍋も平気で持つことができるので
料理が捗ります


材料や道具はネット通販以外にも
東急ハンズ等で簡単に手に入るものですので
ご興味のある方はお試しください!



by rcw52 | 2015-01-18 12:34 | オーダー作品紹介

【RCW開発実況】新企画! カメラのハンドグリップ&ストラップ作るよ! (その1)

こんにちは

皆さん、写真って好きですか?
多くの方がスマホやケータイをお持ちだと思いますが
そのほとんどに『カメラ』が付いていますよね
観光やイベントに限らず気軽に撮影できて便利です

ちょっと凝る方ならコンパクトなデジカメにとどまらず
ミラーレス一眼や一眼レフをお使いかと思います


私ももちろん写真は大好きですね
プライベートでも撮影はしますが、
RCWはネットでお取引をしているので
お客様の購入の判断材料として欠かせません

とくに、
 「革の質感」「色」「仕上がり具合」
をうまく伝わるようにと苦心しています
かと言ってあまりに説明的な写真では味気ないので
オークションの写真は
 「あなたのデスクにRCWの製品があるかのように」
をイメージして撮影しています
(とは言っても、素人なので大目に見てくださいね)


で、カメラのストラップってどうしてますか?
ポケットにしまえるコンパクトなカメラなら不要かもしれませんが
それ以上になるとやっぱり必要ですよね
標準でついてくるものでも持ち運ぶには十分ですが
ちょっと機能やデザインを求めると物足りないですよね・・・


さて、それに関連して新商品企画を立ち上げます
題して『便利でおしゃれな ハンドグリップ&ストラップ』です

おぼろげながらこんな商品構想です
 ・一眼レフやミラーレス機で使える『ワンハンドグリップ』
 ・簡単に『ショルダータイプのストラップ』を併用(付け替え)できる
 ・コンパクトデジカメにも使えるサイズ展開
 ・もちろん本革、RCWならではのカラフルなバリエーション


えーと、基本的には私が欲しいのです(笑)
ショルダーストラップは純正をそのまま使っても構わないのですが
日常的に撮影をしているので
 『一眼レフを片手でがっちりホールドできるグリップ』
これが欲しいのですよ・・・

でも外出時にはショルダーで持ち歩きたいから、
かんたんに付け替えができるようにしたいのですよね・・・


で、せっかくならRCWらしい機能的で洒落たものにしたいなと思います
さらには企画段階からブログで公開してみたらどうかな?
 ・・・興味ある方からアイディアとかメール頂けないかな (/ω・\)チラッチラッ
というわけです

b0307766_17444955.jpg
製品の撮影の時はこの長いストラップ邪魔なんだよね・・・


こうご期待! 次回に続く



by rcw52 | 2015-01-17 17:58 | その他(読み物など)

オーダー製作事例 (手帳カバー)その10 カワイイ!特集

こんにちは

年が明けて皆さまは新しい手帳とともに
ようやく本格的にお仕事モードに入ったころでしょうか?
私は相変わらず手帳カバーの製作に追われています・・・


さて、今回もオーダー製作いただきました
手帳カバーの作例を紹介させていただきます


前回も女性オーダー特集とさせて頂きましたが
今回はその中でも特に『カワイイ!』ものをご紹介いたします


1.表紙も魅せる!ツートンカラーのWEEKSカバー
皮革:コンビヌメ 明サンゴピンク
    シープスキン オフホワイト
仕様:ほぼ日WEEKS用サイズから変更なし
    皮革を2種類組み合わせました
b0307766_17061002.jpg
b0307766_17061193.jpg
メインに使用したのはこちらで紹介した明サンゴピンクのコンビヌメ
落ち着いた色合いながらも可愛らしい皮革ですが、
これにオフホワイトのシープスキン(羊革)を合わせました

2色の使い分けをいろいろ検討してバランスよく配色しました
可愛くなりすぎず、素朴な味わいに仕上がりましたね


オーナー様から手帳を装着した写真をお送りいただきました!
b0307766_17061088.jpg
ほぼ日WEEKSはハードタイプのとてもしゃれた表紙が魅力ですね
今回オーダーしていただいたカバーもとてもマッチしています
RCWの手帳カバーは裏表紙のみで固定することができるなので
このように表紙を見せる(魅せる)セッティングも可能です

オーナー様のブログでもRCWと手帳カバーをご紹介いただきました!



2.あけるとラブリー!ツートンカラーのほぼ日サイズカバー
皮革:コンビヌメ ローズピンク
    コンビヌメ 明サンゴピンク
仕様:A6/ ほぼ日オリジナル用サイズから変更な し
    はさみポケット追加
b0307766_17301218.jpg
b0307766_17301334.jpg
こちらの皮革はバッグ用の皮革ということもあり、
しっかりとした厚さと深い型押しの格子模様で
閉じた状態はちょっと大人っぽい雰囲気です


手帳カバーを開くと・・・
明サンゴピンクの皮革でワントーン明るい世界です
このツートンカラーの切り替えで
ちょっとしたこだわり感と可愛さがグッとアップしました

同じピンク系のツートンカラーでもかなり雰囲気が変わるものですね

さらに、以前作例を紹介した はさみポケットを追加して
全体的にギュッと機能が充実した感じになりました



3.細部にこだわり!チャーム付きのB6サイズ手帳カバー
皮革:コンビヌメ 明サンゴピンク
    クロムシュリンク オフホワイト
仕様:皮革を2種類組み合わせ
    ペンホルダー2本
    先丸のループベルト
    しおり紐にチャーム
b0307766_16060055.jpg
b0307766_16060071.jpg
(オーナー様ご承諾のうえ刻印部分は未修正です)
とにかく可愛さMAXのB6手帳カバーです
とは言っても、基本はいたってシンプルなので
オフィスで使用するのにギリギリセーフという感じでしょうか?

バネホックの金属パーツをループベルトにすると同時に先を丸しました
b0307766_16120665.jpg
これだけでかなり外観の印象が柔らかくなりますね


さらに見どころはしおり紐に取り付けた
革のチャームです
b0307766_16145022.jpg
ウサギの目には赤のスワロフスキーを埋めてあります
(写真ではわかりにくいですが・・・)
光の加減によってキラッと赤く光ります
しおり紐の先端も丸くカットしてあります


お客様とチャームの種類や固定方法などを楽しく検討いたしました
RCWの手帳カバーはシンプル(素っ気ない?)ので
こういうワンポイントがあると映えますね



*****

「かわいい!」特集はいかがだったでしょうか?
RCWの手帳カバーは基本的にシンプルなデザインを旨としています
そこを気に入って頂ける方もみえると思いますが、
「もっと可愛くしたい!」「デザインは細部もこだわりたい!」
という方もいらっしゃいます

そういった方も初めから細かくイメージしてみえるわけではなく、
私と仕様のやり取りをするうちにアイディアを膨らませているようです
私はあくまでそのイメージを形にするお手伝いに徹する(つもり)なので
作り手側の『こだわり』は決して押し付けません

どうすればお客様のアイディアを引き出せるかな・・・
見栄え良く仕上げるには・・・
使い勝手はどうかな・・・
私の『こだわり』といえばこんなことですね


RCWではオーダー製作品が完成したら
写真にてご報告するのですが、それを見て
 「イメージ通り!いや、それ以上です!」
 「早く手に取ってみたい!」
そんなふうに反応をいただけると、
こちらもとてもうれしくなりますね


私がレザークラフトを始めたきっかけは
 「欲しいものが売ってないなら作ってしまおう」
という思いです
オーダー製作を通じてそんな方のお手伝いができれば本望です


オーダー製作はコチラをご覧のうえお気軽にメールでご相談ください


by rcw52 | 2015-01-17 16:54 | オーダー作品紹介

あけましておめでとうございます

b0307766_17285675.jpg
あけましておめでとうございます

旧年中はRCWをご愛顧いただき
どうもありがとうございました

本年もどうぞよろしくお願いいたします

           2015年 1月





さて、2014年も大忙しのうちに暮れ
無事に2015年が始まってしまいました
みなさん「今年の抱負」ってたてました?

忘れるかもしれませんが(笑)、私もRCWの2015年の抱負というか
大雑把な野望を打ち立ててみようかと思います


・・・と、その前に!
RCWの2014年を振り返ってみましょう


■手帳カバーがますます好調■

1.サイズラインナップ充実!(関連情報)
  A6(文庫・ほぼ日手帳オリジナル)、A5(ほぼ日手帳カズン)、B6、B5が
  標準仕様として出そろいました
  手帳カバーはサイズが製作会社ごとに異なるのですが、
  国内の標準規格がいつでもお選びいただけるようになりました
 
b0307766_15220105.jpg
  もちろんそれ以外のサイズもオーダーにて対応中!

2.ほぼ日WEEKSに対応 (関連情報)
  人気手帳のほぼ日手帳に近年追加されたWEEKSサイズに
  9月の発売とほぼ同時に対応を開始しました
  WEEKSの上質な表紙デザインを活かした
  新しいデザインの手帳カバーの登場です
 
b0307766_16311452.jpg


3.「フルカバータイプ」を追加 (関連情報)

  A6、B6サイズには表紙全体を包み込むデザインの
  フルカバータイプを追加しました
  
b0307766_14474000.jpg


■オーダー製作が好調■ (関連情報)
RCWではオークションを中心に販売をしておりますが
直接のオーダーでも製作を承っています

9月以降の手帳シーズンは常時製作待ちが5件前後
仕様検討中の案件が5件以上という状況が続いておりました
(現在も継続中。お待たせしている皆様、申し訳ございません!)

オーダー製作から生まれた新デザインや新サイズも
沢山あり、順次標準デザインに盛り込んでいます
b0307766_16223018.jpg
b0307766_09591598.jpg

出品リクエストで簡単にオークション向けの
簡易オーダーを受け付けるようになりました
オーダーはちょっと・・・という方にご利用いただいています



■皮革のラインナップがよりに!■
「レザークラフト」というとゴツいヌメ革に
カービングやメタルスポッツ・・・というライダーススタイルをイメージしがち
(・・・いや、私の勝手な過去の偏見です)

RCWはそんなこだわりはありません!

RCWはスタイルを限定せず、お客様に「こんなの欲しかった」と
仰っていただけるものを目指しています

・・・ってなわけで、RCWの人気カラーは『ピンク
ビビッドなピンクから、ローズピンク、パープル系、コーラルピンクなど
さまざまなピンクを扱いました
b0307766_16291783.jpg
b0307766_15591637.jpg
b0307766_16194614.jpg

そのおかげかお客様のおよそ7割は女性の方です
オーダー製作で積極的にご希望をいただいております



☆☆☆ RCWの2015年は?☆☆☆
基本的にはこれまで通り、オフィスユースを中心に
普段使いできる革製品をリーズナブルに提供していきます

■品質・品位の向上■
まだまだ、仕上がりに納得のいかないことが多々あります
 「もっと、美しく仕上げたい・・・」
 「もっと、見栄えの良いパターンにできないかな・・・」
製作を積み重ねることで、これらはかなり変わってまいりました
数年前の作品の写真を見ると、自分でも絶句してしまいます・・・

わたしの製作スキルに依存する部分ももちろんありますが
製作に費やす時間や道具(とくにミシン)による制約の問題もあります

・・・2015年はミシンの増強を検討中!
  5月ごろには今までには製作困難だった
  よりグレードアップした製品を投入できるかも!


■在庫切れを無くすぞ!■
年末はおかげさまでオークションのアイテムが
かなり品薄な状態が続いてしまいました

オークションの落札が非常に増えた以上に、
オーダー製作の依頼が想定以上だったため
製品の補充が追い付かない状態に・・・

RCWでは手帳カバーに力を入れているので
来年も同じ流れになるかと思います
オークションの在庫も潤沢になるよう準備して
オーダー製作の納期も縮めなくてはいけませんね


■ネットから飛び出して販売も?■
まだ未定ですが、ひそかにいくつか企画中です



2015年もRCWにどうぞご期待ください




by rcw52 | 2015-01-04 17:36 | その他(読み物など)